サンプルイメージ



地球を遊ぼう! みゆきといく
「天国に一番近い島」
ニューカレドニア 南の楽園旅


日程: 2017年3月17日~3月22日


南太平洋のプチフランス-
ニューカレドニアで迎える2017年春分。
南十字星に抱かれ、新しい波に乗り、
生きるをまるごと楽しもう!


旅をしよう、愉しもう
みゆきよりニューカレドニア旅へのおさそい


時代が、大きく変わろうとしている今だからこそ、
今、ココを味わい、
生きること、暮らすこと、さまざまな出逢いを
楽しみ、いのちをまるごと謳歌しませんか?

このたび、

地球を遊ぼう!
みゆきといく
天国に一番近い島
ニューカレドニア 南の楽園旅 を、
満を持して、企画致しました。

よく、雑誌などに、
「死ぬまでに一度は行ってみたい場所」
として毎回紹介される、
ニューカレドニアの離島―
イルデパン島 や、
熱帯植物に囲まれた
ジャングルウォーク
南の島の
シュノーケリング
南十字星を望む
星空メディテーション など、

ワクワクとのんびりがつまった、
充実したプログラムで、
御縁のある皆さんとの旅を、
御一緒したいと思います。

なお、ナビゲーター役である私の強い希望により、

「暮らすように旅をしたい」 とのことから、
ニューカレドニアの旅のホテルは、
キッチン付きのお部屋を用意していただきました。

ですので、
現地の人と同じように、
地元のスーパーで買い物をして食べたり、
バスに乗り、フランス風の雑貨屋をめぐったりなど、

プチ生活体験 も楽しんでいただきながら、
より、味わい深く、自由度のある旅を、
満喫したいと思います。

(自由度はいらないという方、空いた時間が不安な方には、
 阪急交通社が主催するオプショナルツアーもございます)


ちなみに、私(はせくら)は、
中学生の時に読んだ森村圭氏の本、
「天国に一番近い島」を初めて読んだ時の、
感動とあこがれが忘れられなくて、

いつの日にか必ず、ニューカレドニアに行こう、
死ぬまでに、絶対行かなくっちゃ!

と、その時から決めていたのでした。

その夢がかなったのが40年後の3月。
直行便にのって、現地についた私を迎えたのは、

真っ白な
ビーチ エメラルドグリーン の海、
風に揺れる
ヤシの木 …、
料理も
フランスパン も美味しくて、
ちょっとした小物も可愛らしく、
突き抜けるような青空と、
オレンジ色に染まる夕日があたりを照らす。

もう、
毎日がうれしくて、楽しくて、
何度も泣きそうになりました。



地元の食材を買って、簡単な調理をしたり、
ビーチに寝そべって、
星降る夜空をボーッと眺めたり、
色とりどりのお魚さんたちと
シュノーケリングで遊んだりと、
これぞ、南の島ならではの
リゾートライフを満喫したのです。

このゆったり感は、大好きなハワイともまた違う、
南半球に位置する南の島ならではの、
格別な体験でした。

この感動と喜びを、
ご縁のある皆様と一緒に味わいたく、
初めてのニューカレドニア旅から
ちょうど一年後の3月、
阪急交通社様と組んだ、
プライベートツアーを企画致しました。
なぜ、この時期にしたのかというと、


新しい扉が実際に開かれていく2017年の春分、
太陽黄経0度にあたる始まりの日を、

赤道を超えた南半球から迎え、
南十字星に誓いを立てながら、
新しい一歩を、迎えたかったからです。


古代における大きな文明は、ほとんどが、
赤道をまたいだ南北の
回帰線内に存在していたと言われます。
また、地球における回転エネルギーが、
最も強く表れているのが、
南北にある回帰線内でもあるのです。

(ニューカレドニアの緯度は南回帰線をまたがっています)

ぜひ、2017年の太陽黄経0度からの始まりの日を、
天国に一番近い島―ニューカレドニアで迎え、
最高の笑顔と喜びをともないながら、
新しい一歩を、歩みだせたらと願っています。


ご縁のあるあなたとの旅を、楽しみにしています。
ぜひ、一緒に、
心と身体のデトックス&リラックスを致しましょう。



浜辺や街、森を歩き、星空を眺め、
たくさん笑って、感動して、泣いて、触れあい、
人生における非日常を、
まるごとニコニコ楽しみましょう。

あなたのご参加を、お待ちしております。
どうぞ、よろしくお願いします。





地球を遊ぼう! みゆきといく 「天国に一番近い島」
ニューカレドニア 南の楽園旅

旅イメージは、こんな感じです♪



  
ご縁のある皆様、天国に一番近い島
 ―ニューカレドニアの旅を御一緒しましょう。




  
地球を遊ぼう! みゆきといく 「天国に一番近い島」
ニューカレドニア 南の楽園旅



日程     3月17日(金)~3月22日(水)の6日間
集合     3月17日(金)10時 成田空港第一・北ウィング4F
航空機    往復エア・カラン直行便利用
宿泊先    ヌメア・ラマダホテル&スィート
ナビゲーター はせくらみゆき (添乗員&スタッフ同行)
ご参加費用  52万円(税込み・燃油サーチャージ代込)
一人部屋利用代金 追加料金としてプラス5万円(税込み)
※成田空港までの国内移動に関して、お手配希望の方はご連絡下さい。



お申込みはコチラより

※現在ほぼ満席です。詳細は以下よりお問い合わせください。

      

お問い合わせはコチラより
  株)阪急交通社 大阪団体支店 営業1課
  電話:06-4795-5933
  FAX:06-4795-5932
  メールアドレス:osadan-1@hei.hankyu.co.jp
  受付時間:10:00~17:30(土・日・祝日はお休み)
  担当:山下・森川

 

旅の行程表 3月17日~22日(ニューカレドニア6日間の旅)




はせくら みゆき
画家、作家、教育家。芸術や科学、経済まで、ジャンルに囚われない幅広い活動から、ミラクルアーティストと呼ばれる。とりわけ詩情あふれる絵画は、日本を代表する画家の一人として選出され、国内外での個展と共に、世界中に多くのファンを持つ。近年は言霊の研究の傍ら、和の心で世界を結ぶ芸術文化団体も立ち上げ、雅楽歌人としても活躍中。著書に『夢はあっさり、かないます!』(サンマーク出版)、『起こることは全部マル!』(ヒカルランド)、『チェンジ・マネー』(きれい・ねっと)、『おとひめカード』(ARMACREATIONS)などがある。(社)あけのうた雅楽振興会代表理事。(株)アートシンフォニー所属。