サンプルイメージ





 はせくらみゆきプロフィール
画家・作家・教育家。日本を代表する画家の一人として、生きる歓びをアートや文、多肢にわたる芸術活動で表す。
ジャンルにとらわれない幅広い分野の著作をはじめ、さまざまな式典にて朗詠する雅楽歌人としても活動している。また、医療や教育分野で、絵画療法としても活用されている、詩情あふれる絵画は、魂を揺さぶるミラクルアートと呼ばれ、国内外に多くのファンを持つ。

とりわけ、2014年に発表した日本語教育ツール「おとひめカード」は、アートと言葉で、音が持つ根源的な意味をひも解いたことにより、多言語における本質的な訳が可能となったことから、国内だけではなく、世界中より熱い注目を浴びている。

画歴としては、全国での個展の他、2004年に全米屈指の芸術祭「Sausalito Art Festival」に入選、2016年には、「日仏現代美術世界展」にて入選(国立新美術館)、2017年には第二十二回「日本の美術展」(上野の森美術館)、イタリア美術賞展推薦作家(シチリア島)として、出展が決定している。

近年は、未来の子どもたちに届けたい環境として、「食と教育、芸術で世界を変える」運動を展開している。具体的には、プラーナライフや教育芸術運動、メンタルコーチング、 若手アーティストを支援を展開する。 また、雅楽と大和言葉を中心に、和の心で世界を結ぶ社団法人を設立し、次世代への継承と伝統文化の支援、国際交流活動を実践している。

主な著書に『こうすれば、夢はあっさりかないます!』(サンマーク出版)、『チェンジ・マネー』(きれい・ねっと)、『起こることは全部マル!』(ヒカルランド)、『こころにおひさま、ありがとう』(経済界)、『おとひめカード』(ARMACREATIONS)、 『幸せな子育てを見つける本』(ほんの木)等がある。 祈りのフラッシュモブ「チーム・プレ・プロジェクト」世話人代表。一般社団法人あけのうた雅楽振興会代表理事。 (株)アートシンフォニー所属。

公式HP: http://www.hasekura-miyuki.com/


▸七つの分野における詳細はコチラをご参照下さい。


 はせくらみゆきについてもっと知りたい方へ
   書籍から抜粋した、ショートエッセイをご一読下さい。

  
「起こることは全部マル!」 脳卒中から今へ―

  「チェンジ・マネーという生き方へ」

  女性と男性の役割―アマテラスの目覚め